Upcoming

柴田健治個展 Your Mind Weather

会期:2024年6月1日(土) - 6月16(日)

時間:12:00 – 18:00

休:月・火・水

 

<ギャラリートーク>

Your Mind Weather 柴田健治の絵画をめぐって

日時:6月1日(土) 16:30 – 17:30

登壇者:柴田健治、小澤慶介

UP

この度、EARTH + GALLERYでは、柴田健治の個展を開催します。

柴田は、これまでにカスヤの森現代美術館などでの個展のほか、東京都現代美術館のMOTアニュアル「フィクション?絵画がひらく世界」展(2002年)や「十和田奥入瀬芸術祭 SURVIVE この惑星の、時間旅行へ」(2013年)などのグループ展に参加し、油彩画を発表してきました。

柴田の絵画の特徴は主に二つ。一つは、木製のパネルの表面に重ねられた油絵具は、見た目の物質的な平板さと反比例するかのように深い奥行きを生み出すこと。また、柴田の絵画には、正像という概念が成り立たないと思わせるほどのものであること。それは、ごく薄い油の皮膜が鏡のようになり、見るものの姿を映し出すとともに、陽の当たり方によって絶えず色味を変化させるということでもあります。まるで、刻々と変わる見る人の気持ちとその日の天気とを同時に映し出しているかのようです。

油絵は描かれるものの物質性を強調し永遠性を確保するために生み出された技法ですが、柴田はその反対から油絵の可能性を試しているようです。つまり、いかなるものも絶えず環境の循環のなかで変わりつづけるということを。そうした定まらないイメージを積極的に捉えて経験するとき、人は絵画とそれを生み出した時代から新たな一歩を踏み出すのかもしれません。

人も世界もなに一つ定まったものはなく、すべては移ろいゆくものであるということを逆説的に知らせる柴田の絵画を体感してみてください。

 

【見どころ】

  • 薄い皮膜のような油絵具の層とは思えないほど、奥行きが感じられる絵画。
  • 鏡のように見る人の姿が映し出され、また刻々と色味が変化する絵画。
  • 柴田健治と小澤慶介(企画者)による対談も開催。

 

【概要】

会期:2024年6月1日(土) - 6月16(日)

時間:12:00 – 18:00

休:月・火・水

入場料:無料

会場:EARTH + GALLERY

 

<ギャラリートーク>

Your Mind Weather 柴田健治の絵画をめぐって

日時:6月1日(土) 16:30 – 17:30

登壇者:柴田健治、小澤慶介

 

柴田健治 Kenji Shibata

1971年、新潟県生まれ。1996年に東京芸術大学美術学部油画科を卒業後、1998年に東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻を修了。これまでに、カスヤの森現代美術館やタグチファインアート、アルマスギャラリー等で個展を行うほか、「MOTアニュアル フィクション?絵画がひらく世界」展(東京都現代美術館、2002年)や「十和田奥入瀬芸術祭 SURVIVE この惑星の時間旅行へ」(十和田市現代美術館、2013年)などのグループ展に参加している。

 

 

小澤慶介(企画) Keisuke Ozawa

一般社団法人アートト代表理事、インディペンデント・キュレーター。これまでに展覧会や芸術祭の制作に数多く携わっている。現在、茨城県守谷市を拠点とするアーティスト・イン・レジデンス事業アーカスプロジェクトのディレクターおよび法政大学兼任講師を兼務している。

アートト(https://artto.jp/

 

EARTH + GALLERY is pleased to announce a solo exhibition by Kenji Shibata.

Shibata has had solo exhibitions at the Kasuya no Mori Museum of Contemporary Art and others, as well as at the MOT Annual “Fiction? (2002) and “Towada Oirase Art Festival SURVIVE: To This Planet, Time Travel” (2013).

Shibata's paintings are characterized by two main features. One is that the oil paint layered on the surface of the wooden panel creates a deep depth as if in inverse proportion to the apparent material flatness of the surface. Another is that Shibata's paintings make us believe that the concept of a positive image is not possible. This is because the very thin film of oil acts like a mirror, reflecting the viewer's image and constantly changing its color depending on the way the sun hits it. It is as if the oil painting reflects the viewer's ever-changing feelings and the day's weather at the same time.

Oil painting is a technique created to emphasize the materiality of the painted object and ensure its eternity, but Shibata seems to be testing the possibilities of oil painting from the opposite direction. In other words, everything is constantly changing in the circulation of the environment. When we actively capture and experience these indefinite images, we may take a new step forward from the paintings and the times that produced them.

We invite you to experience Shibata's paintings, which paradoxically inform us that nothing is set in stone, and that everything is in a state of flux.

 

Highlights

  • The paintings have such a depth that it is hard to believe that they are made of thin layers of oil paint.
  • The paintings reflect the viewer's image like a mirror, and the colors change from moment to moment.
  • A discussion between Kenji Shibata and Keisuke Ozawa (organizer) will also be held.

 

Outline of the exhibition

Dates: June 1 (Sat) - June 16 (Sun), 2024

Hours: 12:00 - 18:00

Closed: Monday, Tuesday, Wednesday

Admission: Free

Venue: EARTH + GALLERY

 

<Gallery Talk>

Your Mind Weather: On the Paintings of Kenji Shibata

Date: June 1 (Sat) 16:30 - 17:30

Speaker: Kenji Shibata, Keisuke Ozawa